いわき市の住宅リフォーム店
本 社 :いわき市内郷高野町柴平75-6 平営業所 :いわき市平作町1-1-4
電話によるお問合先はフリーダイヤル
メールによるお問合はこちらをご利用ください >>メールで問合せする

完成予定図(全体) 完成予定図(拡大)

【撮影日】
'04-09-10 地鎮祭
地場は活生しています。したがって、様々な影響が発生します。地鎮祭とはそのために、地場のよくない気を静めて、産土神(ウブスナガミ)や大地を支配する神々の許しを受けて、その地場を使用し、自然の恵みを受けるための祭りです。
'04-10-25 ベタコンクリート打ち
ベタコンクリート基礎は、床下全体に鉄筋入りの厚いコンクリートを打つもので、コンクリート盤全体で建物を支え、重さを地盤に均等に伝えるため、地震時にも安定します。床下防湿にもなります。
'04-11-01 コンクリート布基礎 土台工事
土台は木造建築の骨組みの最下部にあり、柱を受け、その根本をつなぐ横材です。アンカーボルトで布基礎にしっかり固定します。
'04-11-02 軸組・床組・小屋組
土台の上に、床板・根太などから構成される『床組』、柱・けた・筋交いなどで構成され壁の骨組みとなる『軸組』、棟木・母屋・垂木などで構成され屋根を形作る『小屋組』を建てていきます。
'04-11-03 上棟式
一般には『建前』と呼ばれ、本来は家屋の守護神や工匠の神をおまつりして、新しい住まいに災厄が起こらぬように祈念する祭事です。現在では、棟上げのお祝い、施主と工事を担当する職方(主に大工)の顔合わせのセレモニー的要素が強くなっています。
'04-11-09 主体構造完成
屋根の野地板が全て打ち終わり、建物の骨組み『主体構造』が完成しました。
'04-11-11 銅屋根施工 vol.1
丸太の桁に化粧垂木を乗せた状態。丸太の材料は「杉」を使用しています。
'04-11-17 サッシ取り付け
間柱が入り、まぐさを入れ、サッシ枠をはめ込みました。筋交いが入り、壁の強度も強くなっています。
'04-11-25 床暖房敷設
エアコンなどに比べ低い温度設定(約20℃程度)でも快適にすごせる床暖房。当建築においては、約60℃の温水を床下に循環させ、伝導熱・ふく射熱を利用する温水式床暖房を採用しました。
'04-11-25 外壁(下地)
外壁側には防水・防湿シートをはり、外壁の下地を柱・間柱などに釘打ちした状態です。
'04-11-26 屋根瓦施工
屋根瓦を葺き終わりました。
'04-11-26 和室天井施工
和室の天井は「竿縁天井」を採用。柾目板をカンナで削り、板のはり方は「羽重ね張り」。
'05-01-12 内装全容 完成直後の内部各所を一挙公開
'05-05-03 外観 (最終回)
[ 外構南] [ 駐車スペース ] [ 建物南 ]
[ アプローチ ] [ アプローチ(玄関側から) ] [ 庭園 ]
屋内編はこちら  屋外編はこちら
HOMEへ

Copyright © TAKAJU Ltd. All rights reserved.